介護技能評価試験・介護日本語評価試験

「特定技能」の評価試験 介護は国内外で延べ12回実施
「特定技能」制度の根幹をなす技能評価・日本語評価の両試験が4月のフィリピンを皮切りにスタート。介護職では日本国内ほかフィリピン、インドネシア、ネパール、カンボジアの5カ国で延べ12回実施され、計2,997人が受験し、合格者は1,437人となっている。フィリピンで7回、カンボジアで2回、ネパール、インドネシアで各1回行われています。
1月 介護技能評価試験・介護日本語評価試験(フィリピン)
● 試験結果
受験者数 合格者数 合格率
介護技能評価試験 227人 146人 64.3%
介護日本語評価試験 204人 105人 51.5%
1月 介護技能評価試験・介護日本語評価試験(カンボジア)
● 試験結果
受験者数 合格者数 合格率
介護技能評価試験 35人 9人 25.7%
介護日本語評価試験 29人 11人 37.9%
1月 介護技能評価試験・介護日本語評価試験(ネパール)
● 試験結果
受験者数 合格者数 合格率
介護技能評価試験 218人 67人 30.7%
介護日本語評価試験 195人 74人 37.9%
1月 介護技能評価試験・介護日本語評価試験(インドネシア)
● 試験結果
受験者数 合格者数 合格率
介護技能評価試験 112人 42人 37.5%
介護日本語評価試験 101人 55人 54.5%